セフレ

no1愛カツ
  • 愛カツ
  • 評価5

刺激のある出会いを楽しみたい方にオススメのサイトといえばコチラです!出会い探しに便利な機能が揃っています

愛カツの詳細はコチラ▶

no2SWEET LINE
  • SWEET LINE
  • 評価4

初心者の方でも安心のサポートが魅力のサイトです。女性会員が多く、男女比のバランスが取れている人気のサイトです。

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

no3出会いひろば
  • 出会いひろば
  • 評価1

充実のコンテンツが魅力のサイトで、飽きることなく楽しむことができる口コミでも話題のサイトとなっています。

出会いひろばの詳細はコチラ▶

no4プチ神募集掲示板
  • プチ神募集掲示板
  • 評価3.5

便利な検索機能が揃っているので、ご近所からでも出会いを探す事が可能です簡単に出会えると評判のサイトはコチラ

プチ神募集掲示板の詳細はコチラ▶

no5FirstMail
  • FirstMail
  • 評価4.5

万全のセキュリティが自慢のサイトです。初めて利用する方でも安心して使えるので、人気がある優良サイトです。

FirstMailの詳細はコチラ▶

口数が

口数

口数がおおいせフレって、どうにもならないものです。
セックスの最中に何度も「気持ちよかった?」
と聞いてきます。何度も聞くので私もそのうち「うん。」
としか答えないでいると、どういうふうに気持ちいいのかと動きながら聞くのです。
もうそうなるともう「うざい」の一言でしかなくなってくるのです。

気持ちよく感じてるから、声をだしているのに・・・
それをどういうふうに気持ちがいいのかなんてわざわざ聞かないでほしいものです。
こんな風なので、とてもではないけど「イク」なんて言葉にだせません。
そんなの口にした日には、どういう風にイクとかまた聞かれてしまいます。

だから、いきそうになっても黙ってて、勝手にイってしまいます。
「もうイッタ?」
「うん・・」
「なんで言わない?じゃあ、もう一回イって。」
動きを早めて頑張るのですが、イッタすぐあとになんかまたすぐせフレのテクニックではいけません。
時間ばかりが過ぎていきます。
長くて苦痛なセックス・・・
もっと内容の濃いセックスをしたい。

私は、そういう淡白というのかさっぱりしたエッチがしたい。
また、何でも聞いてくるひとも、実は面倒なんです。
せフレってもっと口数が少ないほうが魅力があるんですけどね。

好きにして

好きにして

冗談でも、気まぐれでもなくてかなり本気で彼に
いったんですけど・・・
いきなり、そういう安売りするようなことをいうなよと怒られてしまいました。
いきなり彼に怒鳴られて、ちょっと頭にもきましたが結構、心に響いた感じはしたんです。
せフレのことが好きで、でも自分から気持ちをいうのは恥ずかしくて・・・
どう切り出したらいいのかわからなかったので、つい・・
「好きにしてもいいよ。」と、いってしまいました。

怒られた瞬間から、もっと好きになってしまい、どうにもならず。
「ちゃんとした形をとらないなら、好きにしてあげないぞ。」
なんていわれたのです。
「彼女にしてくれるの?」
「ああ、いやなら帰る。」
「お願いします。してください。」
言葉にしてから恥ずかしくなりましたが、もうこれでせフレに抱いてもらえるとおもったら、やけに嬉しくなってしまい、思わず抱きついてしまいました。
そうなると、せフレの手も早かった。愛撫されて色んな部分を感じさせられて快感でした。
「もっとして・・」私は彼にめちゃくちゃにしてほしいと思いました。

大きなペニスで、突き上げるように抱いてくる彼の表情は、とても色っぽくみえました。
それを見てさらに私は感じてしまいました。
体は完全に彼の虜になってしまいました。

甲高い

甲高い

「何!!!」
せフレに抱かれているときに、私は一瞬固まってしまいました。
もちろんあえいでいるのは、私。
すると・・・私よりも甲高い声で、感じているせフレ。
何なんでしょうか?私は始めての体験でした。

というよりも、こんなに感じる男の人は世の中にいるのでしょうか?
せフレと交際してから、2ヶ月目で最初のセックスで、こんな奇妙な経験をしてしまったのです。
すっかり気持ちが冷めてしまいました。
そりゃ・・・

男の人が感じるのも悪くはないと思うのです。
私だって自分のオマンコに入れながら、気持ちよくなっている相手を見れば嬉しいものですが、なにもこんなに高い声をだして
感じることはないんじゃないか?
私はビックリして、それから気持ちも冷めた私は挿入されている、彼のオチンチンを早く抜きたくてたまりませんでした。
私のそんな感情なんて彼は、知る由もなく・・・
それから、結構長く彼は感じていました。

「もう、早くイってよ!」
心の中で叫んでも彼だけが腰を動かして興奮していました。
部屋中に私のあえぐ声ではなく彼の甲高い声が響いていました。
二度と彼とは会うことはないでしょうが・・
童貞でないということは・・前の彼女、今まで彼とエッチしてきた女性達って、いったいどう感じていたのでしょうか。

今回で

今回

「あんたって、ほんとバカだよ。バカにつける薬はないって昔のひとはよくいったもんよね・・」
「ごめん、でもあんたしか頼る人いないから。」
「わかってるけど。もうさ、ちゃんと避妊したほうがいいよ。自分でも分かってるでしょ?
そのうちほしいときには、できなくなってるかもしれないよ。」
・・・今回で4回目の堕胎でした。

初めての堕胎の時も、彼女にきてもらい、そしてそれからずっと彼女に頼りっぱなし。
自分でも情けないと落ち込むんですが・・・
しばらくたってしまうと、また同じことの繰り返しなんです。
「いいよ、あたしも生でしたほうが感じるし。ちゃんと外で出してくれるよね?」
「ああ、中には出さないよ。」
こうして、私はせフレとのセックスのときには、ゴムは使わないんです。

どう考えても、生のペニスを中に入れたほうが気持ちいし、感度がよくなるのですから。
でも、これが失敗なんですよね。
忘れたころに、また失敗して妊娠。相手は正直誰なのかわかりません。
不特定多数のせフレとヤッてるので。
色んな生の味を味わいたくて、性欲のまま知らないせフレとホテルにいっているんです。

今回、4度目の妊娠も、しては誰なのか・・・
中ですこしくらいでてしまっても、自分からいう人なんかそうそう
いませんよ。でも、今回で真面目に生まれ変わろうと思いました。

小さいから

小さいから

よくせフレに胸をもまれます。
「あんたの胸小さいから、刺激でも与えてるんじゃない?」
なんて、友だちにからかわれたりして・・・
その時点では、軽く反応はしていますが、家に帰ってから自分の胸を鏡でみたりするんです。
「やっぱり小さいのかな。あたしのおっぱい・・」独り言をいいながら、ちょっとショック。

よくよく考えれば、私の母も姉もちいさいし遺伝なんでしょうか。
でも、おばあちゃんは大きいんですよね。
母の兄弟も小さいわけではありません。
なんで母だけがあんなに小さいのかわけがわかりません。
いまさら、母をせめてもしかたのないことですがもう少し大きかったらと思ってしまいます。
おっぱいは大きいほうが、せフレはいいに決まっていますよね。
彼がいつも胸ばかり、ねんいりに揉み解すように愛撫するのはやはりそういうことなんでしょうか・・・

口には出しませんが、きっと大きい胸がいいんです。
なんだか悲しく、そして虚しくなってきました。
好きで貧乳になったわけではないのに、どうしてこんなにも差がでるのでしょうか。
胸が小さいぶん、せフレのもみがいがない分・・
オマンコをいいものにしようと思っています。
少しでも締りがよくなれば彼も気持ちよくなれると思って。

Copyright(c) 2010 せフレ募集掲示板~サクラがいないから安心して出会える!~ All Rights Reserved.